MENU

どうする家康 第3回「三河平定戦」のあらすじと感想

  • URLをコピーしました!

嵐の松本潤さん主演の2023年大河ドラマ「どうする家康」。

脚本は、稀代のストーリーテラー・古沢良太さんです。

毎週日曜BSプレミアム午後6時~、NHK総合午後8時~、第1回は15分拡大で放送されます。

徳川家康の生涯を新たな視点で描く、スピード感溢れる波乱万丈の戦国エンターテインメント。

こちらでは、大河ドラマ「どうする家康」のあらすじ、ネタバレ、感想をお届けします。

目次

前回のあらすじ

桶狭間での戦いを制した織田信長(岡田准一さん)の軍勢に取り囲まれた大高城。

松平元康(松本潤さん)は、もはや逃げることも叶わず、織田勢とのにらみ合いが続いていました。

元康が信長を恐れるには理由がありました。

幼い頃、安全なところに逃げるはずが、織田に攫われ尾張に連れていかれ、毎日毎日望まぬ訓練をやらされていたのです。

その訓練は、信長たちと組み手をするというものですが、幼い竹千代は一方的に投げられ張られ、痛めつけられる毎日だったのです。

元康は、信長の恐ろしさを嫌というほど知っており、恐れていました。

しかし、突如大高城の包囲網が解かれ、信長が去っていきました。

元康は大高城から駿府へと戻ると決めたのですが、元康の旧領・岡崎の城代が討死。

今川の兵は城を捨て逃げ出したというのです。

家臣たちは駿府ではなく岡崎に戻りたいと言い出しました。

妻子がいる駿府に戻りたい元康と家臣は衝突し、岡崎に戻りたい者は戻ることになりました。

家臣たちと別れ、40人ほどの供を連れ、駿府に戻る途中、元康の名を呼ぶ一団を発見しました。

元康を助けに来たという松平昌久(角田晃広さん)の言葉を信じ、その前に姿を出した途端、昌久が裏切り、元康たちに銃弾を浴びせかけました。

家臣に守られ、元康は無事だったものの、重症の家臣たちを見て元康は項垂れました。

岡崎の大樹寺に逃げ込んだ元康を昌久は執拗に追いかけ、元康を差し出せば、家臣たちの命は保証すると言います。

昌久の言葉を聞いた元康は、自ら命を絶つ覚悟を決めました。

そして、切腹の瞬間、本田忠勝(山田裕貴さん)に発見されました。

自ら介錯まで申し出た忠勝。

しかし忠勝の本心は、いつか信康を主君と認め、祖父や父のように、主を守って死ぬことでした。

忠勝の本心を聞いた元康は、かつて信長と対峙し、白兎と揶揄われ、怒って一矢報いた時のことを考えていました。

唯一、信長を地に倒れ伏せた時、その目を忘れるな、と信長に言われました。

今も忠勝の言葉に奮起し、信長は寺門から出ると、待ち構えていた昌久に自分たちは岡崎に帰る、と宣言。

自分たちを討っても、岡崎にいる家臣たちが必ず襲撃者・昌久を見つけ出し、攻め込むだろうと恫喝し、昌久たちを圧倒した元康は、正面突破に成功したのです。

そうして、元康たちは堂々と岡崎城に入ったのでした。

寅の年、寅の月、寅の日、寅の刻に生まれた元康の寅の化身のような気迫の勝利でした。

岡崎でも、城の家臣たちに気迫のこもった宣言をするのですが、襖が閉まった瞬間、これからどうすればいいのかと頭を抱える兎のような元康でした。

前回、第2回「兎と狼」を見逃した方は、ぜひこちらをどうぞ。

それでは、第3回「三河平定戦」のあらすじと感想です。

駿府からの書状

元康は、岡崎城にて今川氏真(溝端淳平さん)からの書状を受け取りました。

そこには、「元康、其方の働き、今川家中の鑑である。余の誇りである。余は直ちに今川を立て直し、我が父の敵を討つ。其方は岡崎に留まり、三河から悉く織田勢を打ち払え。しかる後に駿府に帰参し、余を傍で支えてくれ」とありました。

元康は氏真からの書状を喜ぶのですが、それは岡崎勢のみで三河を平定しろと言っていると石川数正から指摘されたのです。

それを成し遂げなければ駿府には戻れないと元康は焦ったのでした。

岡崎城の勘定方である鳥居忠吉(イッセー尾形さん)は、今川に知られないように、武器や軍資金をこっそり準備していました。

家臣たちはこれで戦ができる、と得意のえびすくいを歌い踊り、喜んだのでした。

刈谷城攻め

織田信長は、桶狭間の勝利に勢いづき、今川への攻勢を強めていました。

元康はその最前線で織田勢と対することになったのです。

元康の目下の敵は水野信元(寺島進さん)です。

水野信元は、元康の父・広忠の時代に今川を裏切り、織田へと与していました。

それにより広忠は水野信元の妹である妻・於大(松嶋菜々子さん)と離縁。

元康は3歳にして母と引き離されてしまったのです。

元康は水野信元の城・刈谷城を攻めることにしました。

本田忠勝は、水野が元康の母の兄であることを気にかけていました。

首を取ってもいいのかと尋ねると、水野は嫌いと元康は宣言し、進軍が決まったのです。

三河のために立ち上がった元康のもとに、続々と民が駆けつけてきました。

忙しい最中、元康は妻子に文を書きました。

いずれ必ず帰るから、子と駿府に残る家来たちを頼むと書かれた手紙。

瀬名(有村架純さん)は元康の無事を喜びましたが、父・関口氏純(渡部篤郎さん)は何か気にかかることがあるようです。

その時、瀬名が産気づきました。

永禄3年(1560年)7月下旬、松平軍は刈谷城攻めを開始しました。

本田忠勝が鬼神のごとく敵をなぎ倒し、突き進みます。

その様子を城の中から見ていた水野信元と久松長家(リリー・フランキーさん)は、元康のことをつくづく博打の才のない奴だ、と評していました。

戦う相手は水野ではなく、その後ろにいる織田だと気づいていない、背中に気を付けろ、と呆れていたのです。

水野の言葉通り、元康の背後には織田勢が迫ってきていました。

慌てて退避するものの間に合わず、松平軍は惨敗。

戦死者を80余名も出す結果に終わったのです。

水野は信長に報告に行ったのですが信長から「狩において肝心な役目は何だ?」と銃を向けられてしまいます。

水野が「獲物を追い込む役目と存ずる」と答えると、信長は「しかと追い込め、兎を俺の目の前に」と脅されたのでした。

嬉しい夢、駿府の現状

元康は、夜半に家臣に起こされました。

呼ばれて急ぎ行ってみるとそこには討死したはずの今川義元(野村萬斎さん)の姿が。

義元は元康の肩を叩き「やり直しじゃ、駿府に帰れ」と笑顔を向けます。

元康は駿府城に戻り、妻子と再会し喜びあいました。

しかしそれは、元康の夢でした。

瀬名は出産を終え、亀姫を抱いて三河衆に見せていました。

お祝いに、それぞれが作ったおむつを持参し訪れた三河衆の妻たちに、瀬名は、夫たちが帰ってきた時に少しでも綺麗でいられるように、綺麗な布を渡し、夫たちの帰りを待っていました。

関口氏純は、松平勢の劣勢を感じ、その窮状を氏真に訴えるのですが、立て直しに忙しい氏真にそれどころではないと一蹴されてしまいます。

さらに、氏真のもとには、元康の妻子を始め、三河衆がいることを忘れるな、と伝えろと脅してきたのです。

援軍

岡崎城に援軍として東条城の吉良義昭がやってきました。

三河南部を治める忠実なる今川方の武将です。

軍議にて、大久保忠世(小手伸也さん)の案が採用され、8月某日、再び刈谷城攻めを行いました。

しかし、松平・吉良連合軍は敗北。

元康のもとに、水野信元から織田に付くよう書状が届きました。

しかし元康は書状を破り捨て、次こそはと軍議に臨みますが、なかなか妙案は出てきません。

そこに、家臣たちが争っているとの知らせが入りました。

行ってみると、本田忠勝や鳥居元忠、平岩親吉らが殴り合いの喧嘩をしていました。

元康や酒井忠次(大森南朋さん)、石川数正(松重豊さん)らが諫め、双方の話を聞いてみると、本多忠勝らが今川からの援軍は来ない、今川を見限り、織田に付くべきだと話していたというのです。

忠勝は、自分は言っていないが、考えは同じであると同意しました。

石川数正は「次負ければお家は破滅。今川殿も立ち直る気配はない。軍用金も尽き始め…」と暗に織田を勧めてきます。

元康は「駿府の三河衆を見捨てろというのか」と石川に激昂します。

酒井は、手立てがないわけではない、と言い、甲斐の武田信玄(阿部寛さん)に助けを求めたらどうかと提案しました。

今川義元と甲斐の武田信玄は固い絆で結ばれており、助力を仰げると思っていたのです。

しかし、武田信玄はその願いを退けました。

自分が会うのは元康が三河を平定してから、主君を飛び越えて自分に助けを求めるとは、礼儀知らずにもほどがある、と書状を踏みつけたのです。

水野の誘い、母との再会

そこに、水野から内々に会いたい、既に少数でこちらに向かっているとの知らせが入りました。

岡崎城で水野と対面した元康。

水野は元康が自分を嫌っていることを知っていました。

知っていて尚、自分は馬鹿な甥っ子が可愛い、死なせたくない、と言うのです。

信長に頭を下げろ、自分が上手く口をきいてやる、水野は誘います。

そんな水野を元康は暗殺しようとしていました。

しかしそれは水野に察知されていました。

元康の暗殺が成功したら、外に待たせている者が死ぬ、と水野は言います。

外に待たせている者とは、今は久松長家の妻となっている元康の実母・於大でした。

水野は傍に控えていた酒井と石川を促し元康と於大を2人だけにします。

於大は、懐かし気に岡崎城を見て回ります。

懐かし気に目を細め、元康に手を伸ばす於大。

元康は母の手を取り、ずっとお慕いしていた、と再会を喜びます。

母も元康を思う日々だった、と言い、元康を抱きしめました。

於大は、元康の耳元で「今川と手を切りなさい、今川はもうお終いです」と囁きました。

元康は戸惑いますが、於大は「貴方が信長様に勝てるはずがありません。信長様は松平と対等に結び、三河を其方に任せてくださるというお話です。この上ないありがたいお話でございましょう」というのです。

元康は、妻は今川の者であり今も妻子が駿府にいる、と主張しますが、於大はつまらぬこと、と取り合いません。

「其方の父もかつて尾張に居った其方を見捨てました。恨んでおいでか?私は大層立派なご判断だったと思います。主君たるもの、家臣と国のためならば、己の妻や子ごとき平気でうち捨てなされ」と言いきったのです。

元康は「出ていかれよ、今すぐ出ていかれよ、出ていけ」と於大を追い出しました。

於大は帰り際に「其方を助けている吉良義昭殿を攻め、所領を切り取られよ、それが信長様への返事となります」と言うと立ち去りました。

元康は、自分は今川の家臣だ、と於大に叫ぶのでした。

瀬名から、我が子の成長が書かれた文が届きました。

元康は切なげにその手紙を見つめました。

進言

石川と酒井が元康に進言しようとしても元康は聞きたくないと突っぱねてしまいます。

酒井は元康に城下に出てみないかと誘いました。

逞しく働く農民たちの暮らしを見ていた元康に、酒井は言います。

「百姓は逞しゅうございますな。度重なる戦に駆り出され、戦で親兄弟が死んでも実りとなれば大はしゃぎ。今年は特に張り切って刈り込んでいます。何故かおわかりですか?」と酒井は言います。

答えられない元康に酒井は、今川に搾り取られないから、と正解を口にしました。

元康は今川から独り立ちしたとは言っていない、と疑問をぶつけます。

酒井は「私が兵や百姓どもに申しました。今川様のために戦えと言っても兵が集まりませんので。皆、それほどひもじい思いをしてきたのです。我らのために、殿が三河一国を切り取られる。そう信じるからこそ、皆槍を持ち、戦に出たのです。誠に恐れ多いことながら、我ら三河衆は、とうの昔に今川を見捨てております」と打ち明けたのです。

酒井は三河のために、どうか決断して欲しいと懇願します。

しかし元康はどうしても駿府に帰りたい、と主張するのです。

松平のため、岡崎のため、手打ちにされても構わない、と平伏し懇願する酒井。

そこに石川も飛び込んできて自分も手打ちにして欲しいと平伏します。

その代わり三河を、と懇願する2人に、刀を振り被った元康ですが、泥の道に必死に頭を擦りつける2人に刀を振り下ろすことができません。

刀を放りだすと、「嫌じゃ、嫌じゃ、儂は妻と子のもとに帰るんじゃ…」と泣きじゃくったのでした。

数日後、元康が見守る中、吉良の城・東条城が燃えていました。

元康は顔を顰め、泣きながらその様子を見ていました。

隣では水野信元がようやく正しい方に張ったな、と声をかけてきました。

駿府の氏真のもとに、元康離反の知らせが届きました。

氏真は三河衆を集めると、筵の上に引き出し処刑しました。

それを止めようと叫ぶ瀬名は取り押さえられ、瀬名の子供たちも兵たちに囲まれてしまいました。

泣きながら燃える城を見ていた元康に、水野は清須に行こう、俺たちの殿様に会いに、と言うのでした。

次回、第4回「清州でどうする」

松平元康(松本潤)は信長(岡田准一)が待つ尾張・清須城へ向かった。幼きころに織田に捕らえられていた元康は、信長から再会のあいさつ代わりに相撲の相手を命ぜられる。くせ者・木下藤吉郎(ムロツヨシ)や信長の妹・市(北川景子)を紹介される中、信長から盟約を結ぶ代わりに、驚くべき条件を提示される。一方、駿府に残された元康の妻・瀬名(有村架純)は、今川氏真(溝端淳平)から元康と離縁して、側室になれと迫られる

NHK大河ドラマ「どうする家康」公式サイトより

家臣からの懇願により元康は駿府の妻子を見捨て、織田方に付くと表明しました。

清須の信長のもとに行くと、トラウマが甦るような相撲の相手を命じられます。

駿府では瀬名にも危険が迫っていましたね。

妻子を慮っていた元康は一体どうするのでしょうか。

このまま見捨ててしまうのでしょうか。

信長から盟約の条件も提示されますが、一体どんな条件なんでしょうね。

新たにムロツヨシさん演じる木下藤吉郎や北川景子さん演じるお市の方も登場してきます。

これからどんな「どうする」が飛び出してくるのか、ドキドキが止まりませんね。

最後に

刈谷城攻め、合戦シーンが大迫力で圧倒されましたね。

山田裕貴さん演じる本田忠勝の迫力ある戦闘シーンに見入ってしまいました。

しかし結果は敗北。

忠勝討ち死にの報は驚きましたけど、ただの気絶で安心しました。

初回で退場したはずの野村萬斎さん演じる今川義元が登場したのは驚きました。

堂々として優雅で、元康が慕うのもよくわかる気がしました。

夢での登場でしたが、次もまた何かの形で登場して欲しいですね。

義元の後を継ぐ氏真の危うさが見ていてハラハラしました。

余裕なく動き、甘いことを言って元康を喜ばせておきながら裏では非情なことを命じているという氏真の言動が恐ろしいです。

溝端淳平さんの表情が危ういというか、恐ろしかったですね。

松平家臣団は本当にいい味出していて素敵でした。

武器や軍資金が見つかって喜びのえびすくいって、仲の良い家臣団に見ていてほっこりしました。

仲が良いだけに、取っ組み合いの喧嘩とかも多いようですがね。

見ていて切なかったのは、やはり元康の感情の揺れでした。

故郷の岡崎よりも思春期を過ごし、妻子を残している駿府に戻りたいと願い、誰よりも今川を慕い、立て直しを願っていることが、松本潤さん演じる元康からヒシヒシと感じ取れて切なくなりました。

同時に、元康には美しく素晴らしく感じていた駿府は、岡崎からしてみれば搾取する側で、早くに見限っていたことが分かり、家臣と元康の思いの差が切なくなりました。

嫌じゃ、と泣き咽びながら、仕えてくれている重臣を斬ることもできず、どうにもできずに泣く元康。

夢で見たように、駿府で妻子と穏やかに暮らしたいだけなのに、元康はどんどん流されて行ってしまいます。

結局、父と同じように、妻子を切り捨てることになってしまいましたが、今後はどうなるのでしょうか。

駿府に残る瀬名にも魔の手が迫ってきていました。

次回、第4回「清須でどうする」では、ムロツヨシさん演じる木下藤吉郎や、北川景子さん演じるお市の方なども登場してきて、華やかになりそうですね。

岡田准一さん演じる織田信長の迫力ある演技も期待大です。

次回第4回「清須でどうする」も見逃せませんね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次